住友林業の第一四半期の決算と家の単価の傾向について

どうも、くしぱんパパです!

最近また住友林業から窓のトリプルガラス採用とkonokaの賃貸の発売の
ニュースが出てましたね。

進化する環境配慮機器搭載住宅「Green Smart (グリーンスマート)」 ~ 国が推進するZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)への対応を加速 ~

女性目線で考えた『もっと安心・もっと安全・もっと快適』な賃貸住宅 新商品『Forest Maison konoka(フォレストメゾン コノカ)』発売 ~戸建注文住宅における人気商品『konoka』を賃貸住宅にも展開~

トリプルガラス採用はどちらかというと窓の断熱で他社の遅れをとっていたところに
ようやく対応したというところでしょうか。

賃貸住宅のkonokaについてはニュースに書いてある標準仕様の7アイテムの値段をだいたい知ってるだけに、どうなんだろう?という感想です。


今回は同じニュースリリースのくしぱんパパおなじみ決算ネタです。

●住友林業住宅事業の2017年3月期の第一四半期決算

先日発表された決算内容はこちらです。
住友林業 2017年3月期の第一四半期決算

住宅事業を見てみると
売上高:636億8500万円
営業利益:-70億500万円

ということで赤字です。
とはいえ、過去からの推移を見てみると

住友林業住宅事業売上高推移160811

第一四半期は毎年赤字なので予定調和なのでしょう。
個人的には無理に3月に引渡ししたりせず、
4月にずれこましたりして、バラツキをなくすほうが
仕事の効率は上がるように思うのですがどうなんでしょうか。

●住友林業の注文戸建の棟数と単価について

さっきは賃貸やインテリアなどを含めた住宅事業全体でしたが、
今回は注文戸建だけのデータです。
売上高と同じくみごとなジグザグです。

住友林業注文戸建棟数160811

この棟数を売上高から割ってみると単価になるわけですが、
こんな感じになりました。

住友林業1棟あたりの単価160811

直近2年の第一四半期の1棟あたりの単価は4000万超え!
4-6月に引渡しをされる方は工期がかかりそうな邸宅の方が多いのでしょうか。
それとも6月までに契約しないと割高になるというのが本当だったんでしょうか。
いくら棟数が少ないからとはいえ、時期によって単価が違うのは驚きでした。

ただ、全体の傾向としてどんどん値段が上がっていることに間違いなさそうです。
太陽光やZEHなど、補助金がいくらかこの単価に計上されてると思いますが、
それでも施主が支払う金額はそれなりのものと思われます。

家づくりのタイミングを検討されている方もいらっしゃると思いますが、
こんなデータもあるということをお知らせしておきます。

もし記事を見て、『参考になったよ!』と思っていただけたらポチッとお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ
にほんブログ村

2 thoughts on “住友林業の第一四半期の決算と家の単価の傾向について

  1. 絹太

    くしぱんパパさんが四半期に一度取り上げてくれるこのシリーズ大好きです★
    konoka賃貸の仕様は本当にびっくりですね。というか,800件の売り上げの中に我が家やくしぱん家も入っているのでしょうか??
    住林からは特にkonokaっぽい提案はなかったんですけどね笑

    Reply
    1. 旦那の方 Post author

      >絹太さん
      コメントありがとうございます!
      おそらくそんなに人気ないであろうこのシリーズですが、大好きですと言われるとやめられませんね(笑)
      我々の売り上げは一つ前の3000棟のほうに含まれてると思いますよ!
      我が家もkonoka仕様でつくったと言うよりは、たまたまそのころキャンペーンやってたのほうが近い気がします\(^_^)/

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。