固定資産税の納税通知来ました。金額は・・・

どうも、くしぱんパパです!
ついに我が家にもしっかり固定資産の納税通知がやってきました。

以前、くしぱんパパで固定資産税の家屋調査に市役所の方がいらっしゃいましたが
今回はその評価結果いよいよわかります。

参考⇛固定資産税の家屋調査の人が来られました!

●くしぱん家の建物の固定資産税はいくら?

まずくしぱん家の建物の固定資産税にかかわる概要は以下のとおりです。

家屋の種類:専用住宅
家屋の構造:木造
市街化区分:市街化区域
床面積:150.48㎡
長期優良住宅

そして結果は次のとおりです。
評価額:10,004,559円
固定資産税:140,063円
都市計画税:25,011円
軽減税額:55,846円
納税額:109,200万円

この評価額は経年減点補正率80%が入っているので、
評価のもとになる再建築価格は約1,250万円でした。
本体工事価格で比較すると40%近くまで下がってしまいましたね。
おおよその目安が50%~70%という話がありますが、
これと比較すると低いという印象になります。

●この評価額(再建築価格)は高い?低い?

一般的な目安でいくと低いという印象になると伝えましたが、
もう一つ参考になるものとして、新築建物価格認定基準表があります。
これは登録免許税の額を決めるときに使用するもので、
家屋調査と登記のタイミングが合わないので、
各都道府県別に決められた標準の評価額です。
こちらのサイトに各都道府県のリンクがあるので参考にしてみてください。

全国の新築建物等価格認定基準表

くしぱん家の評価は、所在の標準価格と比較すると小さかったですが、
隣の県の標準価格と比較すると大きかったです。
そう考えると概ね妥当といったところでしょうか。
ということで、この評価額を見て、
少なくともくしぱん家の場合はボッタクリ価格というわけでもなさそうです。

●固定資産税は今後どれぐらい?

固定資産税については軽減措置があり、
家屋で長期優良住宅の場合は5年間は減額されます。
そのことも踏まえてグラフを作ってみました。

固定資産税と都市計画税の合計値です。

軽減措置が解消される6年目はまたドンと上がりますね。
納税額が増えないように、軽減措置を調整してもらえるとありがたいのですが。

ということで、固定資産税に関する内容でした。
実際に固定資産税の計算や詳しい内容については
専用のホームページでお調べになることをオススメします。

先日住宅ローン減税の還付金が振り込まれたのですが、
この固定資産税や自動車税、住宅ローンの団信で
あっというまに消えていきそうです。
束の間だったなぁ。。。

もし記事を見て、『イイネ!参考になったよ!』と思っていただけたらポチッとお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ
にほんブログ村

こちらから色んな『税』に関するブログがご覧いただけますよ!
にほんブログ村テーマ 税へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。