くしぱん家の住宅ローンの返済方法(とにかく利息を抑える)

どうも、くしぱんパパです!
いま有休くっつけて9連休中です。
でも、なかなか都合が合わず、家づくりの打ち合わせができてません。
あぁ、早く打ち合わせしたいなぁ~

今回は住宅ローンの返済方法についてお話したいと思います。

●くしぱんパパが選択した住宅ローンの条件

結論として、考えてる住宅ローンと条件は以下のとおりです。

  • 日本住宅ローン(住友林業提携)
  • MCJフラット20スーパーまいど(手数料定率型)
  • 元利均等
  • 返済期間 20年
  • 返済割合 約20% (年間返済額/年収)

●住宅ローンのポイント

狙いは『家計のバランスを考えた上で、極力支払総額を抑える』です。
やっぱりポイントは以下の2点だと思います。

  • 住宅ローン減税(10年間、年末の借入残高の1%分を減税)
  • フラット35の金利優遇(0.6%10年間)

これにより10年間の金利優遇が1%未満であれば『利息より住宅ローン減税のほうが大きい』つまり10年間は得することになるということです。
実際にシミュレーションをしてみるとこんな感じです。

○前提条件

  • 借り入れ金額:2000万円(物件価格の9割以下)
  • 繰り上げ返済なし
  • 返済期間:20年
  • 元利均等
  • 住宅ローン減税対象
  • フラット20金利Aプラン相当(金利当初10年0.75%、11年以降1.35%)

○計算結果

2000万借り入れ20年返済の住宅ローンシミュレーション

  • 利息合計:1,868,320円
  • 月間支払額:~10年 89,795円/月 11年~92,421円/月
  • 住宅ローン減税合計:1,532,791円
  • ローン手数料+印紙代+登録免許税:280,000円 ※自分で計算
  • 団体信用生命保険合計:733,492円 ※自分で計算

ローンによる諸費用:1,349,021円 ※司法書士への支払・その他諸費用等除く

団体信用生命保険とか諸費用はありますが、利息と住宅ローン減税との差額は結構抑えられたと思います。
返済期間短いですが、なるべく利息を抑えるっていうことで、返済割合を考えた上で、金利の低いフラット20を選択しました。

●住宅ローンのシミュレーションのオススメ

今回、ローンについてはフラットだけじゃなく、様々な都銀や地銀、ろうきんやネット銀行などいろんな条件でシミュレーションしました。
それぞれの銀行で金利の優遇条件や期間がバラバラで、結局そこをまとめるのに時間がかかったような気がします。

みなさんも自分の条件でいろいろ検討してみてはいかがでしょう。
各銀行等でシミュレーションサイトがありますが、金利の変動や住宅ローン減税、繰り上げ返済が計算できるこのサイトが参考になりました。
シミュレーション比較とかもできるのでオススメです。

高機能住宅ローンシミュレーション

とまぁ、シミュレーションは完璧(のつもり)ですが、結局融資実行までに金利が上がってしまえば、ただの皮算用。。。
お願いなので、今の金利(1.35%)が来年の3月まで続きますように・・・

イイネ!と思ったらこちらにクリックお願いします↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。